米粉で台湾朝ごはん

おいしいもの

一人暮らしなのに大根を一本買ってしまったので、消費のために台湾の朝ご飯の定番「大根餅」を作ってみました。大変なのは大根をすりおろすところだけ。あとは材料を混ぜてレンジで加熱するだけで、簡単に中はモチモチ、外側はカリカリの大根餅を作ることができますよ!

材料を混ぜて、蒸して、焼くだけです

参考にしたレシピは米粉と片栗粉のモチモチ大根もち♪。こちらよりさきいかを除いて、干しエビを多めにしてみました。

材料分量
大根おろし300g
干しエビ15g
青のり大さじ1
米粉140g
片栗粉15g
昆布茶小さじ1/2
ごま油大さじ1
酢、醤油各小さじ1〜2

1.大根おろしを用意し、そこに干しエビと青のりを加えて混ぜ、10分置いてふやかします。

2.1に米粉、片栗粉、昆布茶を加えて混ぜます(耳たぶの硬さになるように水を加えて調節します)。

3.耐熱容器にラップを敷き生地を入れたら、ラップが鍋肌につかないようにはみ出た部分をふんわりと内側に折ります。生地が透明になるまで電鍋で約30分蒸します(レンジだと600Wで5~6分だそうです)。

4.生地が透明になったら、ラップを引き上げて型から外します。

(私は電鍋で20分程蒸したのですが、切り分けると中心にまだ白い部分があったので、レンジで1分再加熱しました)

5.フライパンにごま油をひき、両面焼きます(ご覧のとおり、中に白い部分があったのですが、自分の味見用はそのままフライパンに入れてしまいました)。

6.酢醤油をつけていただきます。お好みでラー油や豆板醤など加えてもいいですね。

米粉の生地をごま油で焼くことで、外はカリカリ、中はもっちりになります。台湾の大根餅は青海苔が入っていないのですが、磯辺揚げのような風味が出るので、入れたほうがおいしいです。

グルテンフリーの朝食が食べたいという方、手軽に台湾料理を作りたいという方にぴったりですので、ぜひ作ってみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました