トウシューズの指先の痛みを解決する方法④

バレエ

ここのところ、トウシューズの練習は体調や足指のコンディションのことを考え、あまり頻繁にやらないようにしています。ですが、そのことをつい忘れてちょっと頑張ってしまうと、爪の際が決まって痛くなってしまいます。今回は二枚爪になったのをきっかけに、以前から気になっていたハンマートゥクッションを購入し、使ってみました。

ハンマートゥクッションを買いました

最近はバレエは長く楽しみたいと思い、無理のない範囲で練習して、休みも設けるようにしています。けれど、トゥシューズを履いてもっと上手に踊りたいというモチベーションが湧いて来ることもあり、練習するか足を休ませるかの間で葛藤することがあります。

先日はたまに湧いて出るモチベーションを大切にしようと思い、また広いところで騒音を気にせずに踊りたいこともあって、ダンススタジオを借りて自主練することにしました。

使っているレンタルスペースのスタジオの床はリノリウムではなく、普通の硬い床です。教室でのレッスンも受けていたこともあり、足指に負担がかかったのでしょう。薬指の爪が途中から割れて二枚爪になってしまいました。

ポワントで立つと痛いので、下の若い爪が完全に伸び切るまでトゥシューズは休んだ方がいいのかもしれないと思いましたが、通常時は痛みもないし、足の爪が伸び切るまでは何ヶ月、否、半年ぐらいかかりそうな気がしたので、サポートグッズに頼ることにしました。

今回購入したのはこちら。ハンマートゥクッション1800円。

中身を出してみるとこんな感じ。左足用と右足用がそれぞれ一つずつ入っています。触ってみた感じはとても柔らかく、羽二重餅のように優しいので、なるほどこの柔らかさでマメを防ぐのだなと納得しました。でも、優しすぎて踏みつけてしまったら破れてしまいそうです(実際破れることはありません)。

このように私の足は薬指と小指が曲がっていて、トウシューズの中では指の腹の先端ではなく爪が床に接してしまうため、圧迫されて疲労痛に繋がります。

痛いところにつけると説明に書いてあったので、爪が割れた薬指につけてみました。写真ではわかりにくいですが、体重が乗ってもクッションが広がりすぎるということもなく、指が緩やかなカーブになるようにサポートしてくれます。

これをつけてトゥシューズのレッスンに出てみましたが、痛みもなく無事終えることができました。これは指を下から支えて伸ばすのを手伝ってくれるので、指の腹の先端が床に当たりやすく、爪先に冷却ジェルシートを貼るよりも効果があると感じました。

ただ片足だけすると違和感がすごいので、左足は特に痛みもないですが、バランスのためにつけています。また、これを着けてトゥパッドも着けるので、トゥシューズの中はちょっと窮屈な感じがありますが、装着も簡単なので、指が曲がっているのが原因で爪が痛いという方は試してみてもよいと思いました。

正しく立つには固まってしまった筋肉を伸ばしたり、指の筋力をつけることが大事なのですが、それには何年もかかるので、このようなサポートグッズに頼るのもバレエを楽しむ上での一つの手ですね。

【追記】

1ヶ月使用しての感想ですが、いつも擦れて痛む薬指の第2関節が全く擦れなくなりました。他にトゥキャップやジェルシートなどの詰め物を着ける必要もないので、このトゥクッション1つで済んでいます。また、変形などもありません。窮屈な感じはありますが、そこはハサミで切るなどして微調整が可能かと思います。ただ自分は切り過ぎが怖いのでまだ調整はしていません。

関連記事

トウシューズの指先の痛みを解決する方法←爪切りの大切さはこちら

トウシューズの指先の痛みを解決する方法② ←トゥキャップを使った感想はこちら

トウシューズの指先の痛みを解決する方法③ ←冷却ジェルシートを使ってみた感想はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました