全くの未経験者がフィッティングを経てトウシューズを購入した。

バレエ

年末までにトウシューズに挑戦すると豪語して1ヶ月ほど二の足を踏んでいましたが、ついに購入しました。時期的に今一番欲しいものを自分へのクリスマスプレゼントにすることができました。

センターでの群舞が難しくついていけない。でも、楽しかった!

先日のことですが、先生がセンターレッスンになった時に生徒さんを2つのグループに分けて、交互に振り付けをし始めました。パが異様に長くて、私はもちろん覚えられるはずもなく、私にとっては初めてのことだったので、先生は一体何を始める気だろうという感じでした。そして、いつもはピアノの単音演奏の曲ですが、振り付けを終えて音楽をかけると、いきなりクラシックでちょっとビビってしまいました。

壮大な音楽が流れる中、時間がなくて1回しか通しができず、訳がわからないこともあってそれは一瞬の出来事でしたが、まるで自分が舞台上の演目の一部に登場したような気分になって、もっと踊りたい!と思いました。

先にきっかけを。とりあえずトウシューズ入門特別講座に申し込んでみた!

上記のレッスンにが終わった後、知り合いのクラスメートさんより「この後のトウシューズのレッスンには出ないの?」と聞かれたので、「まだ履いたことがないんですよ。」と答えると「特別講座があるよ。」と教えていただきました。

教室の更衣室の壁をよく見てみると「トウシューズ入門特別講座」の文字が。不定期で3日間開かれるようです。早速自分のスケジュールを確認すると、仕事の入っていない日があったので、これは参加するしかない!と思いました。

早速カウンターで聞いてみました。定員8人とのことでしたが、大丈夫でした。「経験ゼロなんですが…」と言うと、「では、その旨先生にお伝えしておきますね〜。」と言ってくださいました。「トウシューズは持ってますか?」と聞かれ、「いや持ってないんです。やっぱりフィッテイングしてから買った方がいいですよね。」と我ながらバカな質問をしましたが、「そうですね。」と優しい答えが返ってきました。

プロに任せればいいという安心感

ここ1ヶ月なんとなくトウシューズを買う勇気がなくグダグダしていたのですが、先に講座に申し込んできっかけを作ってしまいました。こうなればマイトウシューズを買うしかない!と思い、緊張の面持ちでチャコットへ行きました。フィッテイングって予約が必要かな?と思ったのですが、トウシューズが並んだ棚の前で立っていたら、お伺いしますと言ってくれれてすぐにフィッテイングが始まりました。

タイツを貸してくてれて、その上にトウパッドをシリコンやゴムなどいろいろ4種類ぐらい試着させてくれました。その中で気に入ったものを選び、またMやLサイズの違いも試させてくれました。

馴染む感じのトウパッドを選んだ後、まず最初に初心者でも履きやすいと紹介してもらったのがベロネーゼIIでした。
「6番に立ってください。」
「1番に開いてみてください。」
「プリエしてみてください。」
と言われ、レッスンではいつもやっているにも関わらず、なぜか緊張してしまう私でした(笑)。

フィッティングスペースにはバーがありました。これでいつもの感じが掴めて少し安心です。爪先で立ってみてくださいと言われ、恐る恐る立ってみました。
んー!思ったより痛くない!
が最初の感想でした。

足の指全体が包まれている感触はあったのですが、心の方は余裕がなくて自分の足は見られず、まさかバーから手を離す勇気もなく、ただただ爪先で立っているという現状に興奮していました。

その後もう一つチャコット ピケというのも試させてもらいました。カットがVになっていてきれいに見えるそうです。ただ爪先で立つ時にヨイショー!って感じでかなり力がいりました。シャンク(靴底)が硬いのもあって、足から完全に脱げてしまう感じでした。やはりこちらは初心者には難しそう。

担当の方とも話して、やはりまずはこちらから試してみましょうということで、ベロネーゼIIを購入しました。

また、トウシューズが脱げないようにするため、お店でゴムをつけていただきました。ゴム付けのお直し代は500円とのこと。最初は自分ではわからないのでプロにつけてらって、2足目から真似をすればいいですよね。

トウシューズのことは右も左もわかりませんでしたが、初心者からもう一つ進んだタイプ、サイズもぴったりから小さめのまで、トウパッドもいくつも試し履きをさせてくれて、その都度感覚を確認してくれて納得の行く買い物ができました。やっぱりプロに任せてよかったと心底思いました。

これはクリスマスプレゼントだと後から気付く。

お会計が済み、手渡されたチャコットの紙袋になんとくるみ割り人形のタグが付いていたんです。

かわいいですね。きっとこの時期だけですよね。
帰り道にやっと、ああ、これは自分のためのクリスマスプレゼントになったなと思いました。今年のクリスマスはトウシューズがあるだけで心が十分に満たされている感じです。

プレゼントで思い出したんですが、先日台湾でナッツのお土産をかった時、裏に「プレソゼソトにぜひ御愛用ください」って書いてあったんです。

最近台湾における日本語レベルってどんどん上がっていて、こういうかわいい間違いって見ること少なくなってるので、嬉しかったですね。

しょうもない余談をすみません(笑)。

あとはワクワクして待つのみ

買ったものを早速家で広げてみました。サテンの生地が美しいですね。そして履き心地がよかったジェルトウパッドと、ゴムのシューズにつけてもらったのの切れ端です。

リボンの結び方、シャンクの慣らし方等の履き方についてはフィッティング担当の方がレッスンで先生が教えてくれるとおっしゃってました。
あとは、(私にとっては)入門の入門クラスを楽しみに待つのみです。

またレッスンのことについてはご報告したいと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました