6日間のカフェインレス生活

健康
Voiced by Amazon Polly

私は、朝は2杯のコーヒーから始める大のコーヒー好き。先日の病気がきっかけで、前からやってみたかったカフェインレス生活が図らずとも叶うことになりました。なんと1日目から明らかな変化を感じることができました。

柚子のデトックスウォーター

病気になってすぐに思い出したのは、台南の断食道場で教えてもらったデトックスレモンウォーター。肝臓をきれいにしてくれる効果があるらしいので、調子が悪くなるとよく飲んでいます。

今回はレモンがなく、ゆうのす(柚子果汁)があったので、こちらを使用することにしました。ポイントはお湯か水で割ってから、塩をひとつまみ入れること。塩を入れることで中和されるのだそうです(砂糖ではダメです)。レモンはそのままだと酸がきつくて胃を痛めてしまいますが、塩で中和されると飲みやすく、またレモンのデトックス効果も失われません。

新鮮なレモンが手に入ればいいですが、冷蔵庫にいつもレモンがあるというわけでもないので(むしろいつもないです)、そんな時は瓶入りのレモン果汁でもいいでしょうね。暴飲暴食してしまった翌日の朝なんかに飲むといいかもしれません。

ハーブティーのいいところ

以前お友達がお手紙の中にしのばせておいてくれたリプトンのカモミールオレンジ。パッケージがきれいでかわいいのでずっと取っておいていました。

(ちょっとイスラムの国みたいですが)月と星のマークや、手書きのようなカモミールオレンジの文字がかわいいですね。

ティーバッグを取り出してみるとこんな感じでした。カモミールとオレンジピールが見えます。

いつもはオートミール蒸しパンのお供はコーヒーなのですが、この日はこのカモミールオレンジで。オレンジの香りがとてもよく、苦手なカモミールも主張せず、とってもおいしかったです。1回淹れただけではティーバッグがもったいないので2回淹れましたが、2煎目もおいしくいただけました。これは自分でも買いたいな。

こちらは有機商品を扱っているスーパーで購入したアップル&シナモン。箱の外までシナモンの香りがしてきます。

香りもそうですが、箱の中のデザインもエキゾチックです。

5分間しっかりと蒸らせと書いてあったので、じっくり待ちます。

こちらはかなりスパイシーで、口の中がスースーする感じでした。かなり個性的な味だったので、このハーブティーではシャッキリ元気が出そうなものの、リラックスできなさそうな気がしました(笑)。もう買うことはないと思います…。

でも、ハーブティーを飲んでいて気づいたのは、苦味がなく、主にその香りを楽しむため、何かをつままなくていいところ。お茶やコーヒーってその苦味のためか、一口飲むと、お腹が空いていなくても何か甘いものやパンなどをついつい食べたくなってしまうんですよね。その点ハーブティーはそのフルーティーさもあって、そんな誘惑がなくて済みます。

私の感じたカフェインレスの効果

柚子ウォーターや、ハーブティーの他にもとうもろこしひげ茶(これは食事にも合います)などを6日間飲んでいました。カフェインを全く取らない生活を始めると、すごい頭痛がやってくるとは聞いていましたが、発熱があったせいで最初の2日間はよくわかりませんでした。3日目を過ぎる頃は熱も引きましたが、頭痛もなく、私のカフェイン中毒も軽度のものだったのかなと思えました。

カフェインレスをしだして、意外だったのが冷えが劇的に改善されたこと。これは初日から感じられました。以前は手足がもう氷のように冷えていて、お風呂に入った瞬間は手足が痛いぐらいあったのですが、それがなくなりました。普段も体はなんとなくポカポカしているので、温度計を見る度にこんなに温度低かったんだと驚くぐらいになりました。

頭がクリアになったかはわかりませんが、カフェインが体をものすごく冷やしていたのは身を以て知ることになりました。

ただ7日目からは紅茶を飲んでしまいました。今ではコーヒーも。紅茶やコーヒーって健康な人が飲む飲み物なんだという意識が強まったので、普通に飲めることに感謝ですね。

昔はお茶もお薬として飲まれていたし、紅茶やコーヒーだって貴族ぐらいしか飲むことができない貴重な飲み物だったはず。時々はカフェインを抜いてみて、昔の人に戻り、体の変化に注目するのも面白いかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました