業務スーパーで生きていけそう

暮らし

業務スーパーの品揃えに驚いてからというもの、まるでエンターテイメントを楽しむような気持ちで通うようになりました。輸入食品から野菜などの生鮮食品も充実していて、個人にも嬉しい小さい容量のものもたくさんあるので、業務スーパーだけで生きていけそうな気がしています。

家カフェするならエッグタルト

前回行った時に見つけた、お友達がおすすめしていたエッグタルト。残念ながらプレーンは売り切れていたので、チョコクリーム入りを買ってきました。

業務スーパーが面白い

ある日のおやつに食べてみることにしました。写真のちょっと焦げた感じがおいしそうですよね。

箱を開けてみると、アルミカップに入ったそのままのエッグタルトが4個入っています。1回開けたら終わりのタイプですね。この豪快な感じがポルトガル的でしょうか!?

うちにはオーブントースターがないので、魚焼きグリルで焼こうかと思いましたが、グリルだと表面だけ焦げて中は冷たい…なんてことになりそうな気がしたので、たった1個のためですが、オーブンを220度ぐらいに予熱して焼くことにしました。

そして12分焼いたのがこちら!

バターがふんだんに使われているからでしょうが、タルト生地はサックサクです。濃厚なチョコレートクリームとたまごたっぷりのカスタードとも合う〜!

あまりのおいしさに10年前に行ったマカオ旅行を思い出しました。その時も焼きたてを食べたくて有名店まで行って、道端に座って買ったばかりのエッグタルトを食べたのでした。

これはお家で焼きたての本格的な味が食べられるし、そこらへんのカフェのスイーツよりおいしいかもしれません。1個115円程ですので、おいしいコーヒーも淹れたら、家で立派にカフェ気分を味わえますね。

1杯約10円コーヒー

私はコーヒーを飲むときはその都度豆をミルで挽いてから飲む派。昔はスーパーにも豆を挽く機械があって、コーヒー粉が散らばりいい香りを放っていましたが、おそらく衛生面の問題なのでしょう、最近ではとんと見かけなくなりました。なので、売ってあるコーヒーも粉ばかり。

コーヒー豆を購入できるところは限られているので、いつもカルディで購入していますが、業務スーパーで豆を売っているのを見かけ、購入してみました。

ラグジュアリッチモカブレンド。その驚きの値段が税抜き368円。コーヒーショップで飲む1杯の値段で400gも豆が買えるんですから、お得以外の言葉が見つかりません。

豆を見てみると、いい色に焙煎されています。見た目テカテカ感はないものの、豆の粒は揃っていて、傷んだ豆などはきちんと取り除いてあるようです。こんなに安いのに丁寧な仕事がされてるので、ちょっと驚いてしまいました。

コーヒー1杯当たりいくらなのか知りたくなって、スプーン1杯の重さを測ってみました。約10gなので、1杯当たり約10円ですね。

重要なお味ですが、「まあ飲めるな」という感じです。残念ながらコクがないので…。でもあるスーパー某ブランド”○様のお○付き”のドリップコーヒーよりは断然おいしいです(あれは飲めなかった…)。

ある日の朝食です。大体オートミール蒸しパンにサラダ、コーヒーのメニューですが、この日の野菜は業務スーパーで購入しました。セロリ99円、サラダほうれん草99円。ミニトマトはちょっとお高くて299円。

サラダはざっと計算して120円ぐらい。コーヒーは10円。蒸しパンに使うオートミールは業務スーパーのを使えば10円ぐらいでしょうか。この一食は200円以下で賄えそうです。ドレッシングやフライドオニオンといった材料も業務スーパーで手に入るので、全てが業務スーパー商品で作ることが可能です。いや、びっくりですね。

あの緑の台湾料理を試してみた

ある日業務スーパーに行ったら、蔥抓餅のプレーン味がなんと売り切れてました。代わりに買ったのがこれ「ほうれん草風味」。

袋から出してみると生地がこんなきれいな緑色でした。

せっかくなので、家にあるパクチーとチーズを加えてみました。毎度のことながら油も要らないってのは本当に楽です。

もたもたしていたからか、火が強すぎたのか焦げてしまいました。

中は緑緑していますね。パクチーを加えたことによってより台湾の味に近づきました。でも、台湾に14年住んでいましたが、ほうれん草味の葱抓餅はお目にかかったことがありません。体に良さそうな味はするものの、やはりプレーンの方がおいしいと感じました。

業務スーパーが近くにない場合は、Amazonでも購入可能のようです。

こんなに本格的なのにお湯注ぐだけ?と思えるインスタントフォー

あるネット記事で見た、関係者も備蓄する業務スーパー商品ランキングの中にインスタントフォーというのがあり、気になったので買ってみました。5つ入って248円(税抜き)でした。

1個50円ほど。用意するものはお椀と蓋用のお皿だけ。

中にはフォーと、ビニール袋にスープ、オイル、かやく(ハーブやあられのようなもの)が入っていました。

作り方はとても簡単。それらを麺の上に乗せて、お湯を注いで蓋をして4分待つだけです。スープが味の素を思わせます。これだけでアジアのにおいがしてきました。

4分経ったのがこちら!火にかけてないにも関わらず、フォーは十分に柔らかくなっていました。味はあっさりとしているけれど、しっかりと出汁の味とレモングラスやナンプラーの風味がします。これもとても本格的です。

以前にこんにゃく麺でなんちゃってフォーを作りましたが、大変だし、あまりおいしくなかった。このインスタントで本格的なフォーが簡単に楽しめるので、もう自分では作らないと思います。このフォーに加えて、生春巻きを作れば家でベトナムパーティーなど気軽にできそう。

こちらも割高ですが、Amazonで買えます。

節約はしたいけれど、食の質やおいしさは落としたくないという場合、業務スーパーは一見の価値ありだなと思います。いろいろな国の料理も楽しめるし、カフェ気分にもなれる。業務スーパーには、「あなたがいれば生きていける」、そんな頼りがいのある存在感を感じています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました