一生台湾に行けなくなっても…

おいしいもの

私はワクチンは打たないと決めているので、海外渡航にワクチンパスポートが必要だ…ということになったら、台湾の地を踏む機会は一生のうちにもう二度とないかもしれないと思ったりします。そうなったらとても悲しいことですが、自分の記憶や心の中にある台湾を掘り起こして、そしてそれを自分の手で温めていくしかないですね。でも、それはきっとできる!と思っています。

台湾のあの味が福岡で!?

福岡にも私の大好きな台湾の角煮バーガーを売っているお店があると知り、いつか皮を米粉で作ってみたいということもあり、お勉強がてら地下鉄に乗って行ってきました。箱崎宮から少し歩くとお店が見えてきました。

先日ネットで調べた時に衝撃を受けたお店のこの名前。「八度邀(パットウヤオ)」とは台湾語で「お腹空いた」の意味です。台湾語を全く解さない外国人でも長く住んでいれば必ずと言っていいほど耳にする「パットウヤオ!」。それほど重要な言葉なんでしょうね(笑)。

何にしようかな〜とお店の前で様子を伺っていると、ご主人がこのメニュー表をくださり、「ゆっくり考えて」と言ってくれました。

お店の名前はお腹空いた!ですねと言う話から、台湾に住んでいたと言うと、台湾人である奥様と少しお話することができました。お会計を済ませると、「有空再來喔(またおいでね)!」と言ってくれました。

日本だときっと「ありがとうございました。」だけで終わってしまう。「またのお越しを…」みたいな長たらしく仰々しい挨拶とも違うまた違う、時間があればおいで〜のようなラフな感じが久しぶりに台湾の人のフレンドリーさに触れた気がしてすごく嬉しくなってしまいました。

さて、足取りも軽く来た道を駅まで戻ってきたのですが、家まで到底待ちきれず、ホカホカの角煮バーガーを参道で食べることに。

箱崎宮花庭園の外壁にちょうど腰を下ろせたので、早速を取り出してみました。1つがすごい大きさです。そして溢れんばかりの辛子高菜!!買うときに高菜を入れるか入れないかを聞いてくれたのですが、豚の角煮が見えないほどたくさん入れてくれています。私のおすすめは絶対入れる方!これにピーナッツの粉とパクチーも加えたいぐらいです(笑)。

お味は、ピリ辛でシャキシャキとした食感の高菜が甘くトロリとした角煮にものすごく合う!!そして皮がすごい弾力!台湾語でQQ(モチモチ)でした。

その美味しさたるや、途中アリに足を噛まれるまで、甲をアリが這いまわっていたことに気づきませんでした(私が単にアリの通り道に座っていただけなのですが)。これぞまさしく台湾の味です。長崎で食べたがっかり角煮バーガーの記憶もきれいに消し去ってくれます(笑)。

私の手のひらから飛び出すように大きい角煮バーガーでしたが、あっという間に平らげてしまいました。もっと買っておけばよかった…。台湾の味とお店のご夫婦のあっさりとした優しさの余韻に浸っていました。

ちょうどこの日はものすごい晴天。刺すような日差しと緑の鮮やかさが、台湾の空気を思い出させてくれました。

気分も良いのでちょっと歩いてみることに。

木が生い茂って、木陰にはたくさんの鳩が。平和です。

海の方に向かって行くと、明治時代に使われていた灯台がありました。こういう石やコンクリートの隙間から生えてる植物っていいですよね。なぜか誰か脱ぎ捨てたのか?短パンが置いてありました(笑)。

大通りを渡ると鳥居と海が見えます。ここはトラックの駐車場なので入ることはできず、写真だけ撮らせてもらいました。残念。

おこわと豚足も感涙もの

さて、角煮バーガーの他にはおこわと、チマキ2個と豚足を買いました。合わせて1460円でした。

ちまきは冷凍だったので、また家の冷凍庫に入れて、おこわと豚足を食すことに。

ご主人が何Wで何十秒など電子レンジでの温め方を袋に書いてくれましたが、ここはせっかくなので台湾の電鍋で温めます。お皿が二つ入らなかったので、おこわと豚足を一緒のお皿に入れて10分ほど蒸します。

この日の夜ご飯は合わせて中華料理にしてみました!メニューは「醋溜高麗菜(キャベツのさっぱり炒め)」と「紫菜蛋花湯(海苔と溶き卵のスープ)」です。

おこわはゆで落花生や揚げねぎ、干しエビが入っていて、台湾の味そのものでした。豚足もトロトロで優しい醤油味が染みていて叫びたいくらいにおいしかった!何度も思いますが、もっと買っておけばよかった。これは近いうちにまた買いにいかなければなりません。

台湾には行けませんが、台湾の味が私の中にある台湾の記憶をまるでその地にいるかのようにありありと思い起こさせてくれました。台湾に対してはいろいろな感情がある中で、暖かい部分だけを掘り起こしてくれた気がしています。また買いに訪ねたり、自分でも作ってみたり…と自分なりの方法で台湾の記憶を作っていこうと、今はワクワクしています。

【八度邀(パットウヤオ)】

コメント

  1. yu-ko より:

    美味しそうで、さわやかなお天気のお写真、堪能させて頂きました。
    日本に居ながら比較的お近くで台湾の”口福”が味わえるのはお得感ありませんか?!
    チマキの中身も気になるところ…ご報告をお待ちしています(笑)

    • 九層塔 より:

      yu-koさま
      コメントありがとうございます!
      はい!わずかな時間と交通費で“口福”が得られるので、とてもお得感があります!
      チマキはおこわを竹の皮で包んだものとご主人がおっしゃってたので、きっとおいしいと思います!

タイトルとURLをコピーしました